日本のホテル業界

あなたは今のホテルの業界においてどんなイメージを持っているのが多いですか。 日本のホテルはいい評価を得られているのか、外国人にとって安心して利用しやすいようになっているのでしょうか。 いろんな国の人が訪れるため色々な意見が出てくるかもしれません。

今のホテルの業界に関して

今の日本のホテル業界において日本人からの目線で外国人が泊まりやすいのかどうか自覚したことはありますでしょうか。
もし客層が日本人だけでなく外国人も含めていろんな国の人を対象にするのであれば、かなりの条件が多くなり問題が山積みになりまくっています。
なぜそうなるのかを簡単に説明していきます。
東京を中心に外国人はたくさんと訪れる人が多くいます。
ですがそこは人口が密集してしまい、一人一人と泊まらせる部屋が狭いため、外国人にとっては窮屈に感じてしまいがちなのです。
日本は島国であるため土地があまりないのです。
そのため部屋のスペースも狭く、逆に部屋数を多くして客層を増やしていく傾向に見られます。
しかしこれでは利用客を増やしているだけで、外国人が泊まりやすい部屋に改善したかと言われてしまうとそうでもありません。
部屋の狭さは日本人の生活の文化からできてしまったのか、仕方ないとはいえ、かなり都心の交通が便利なほてるだと料金が高いため、ショックを受けてしまう可能性も多くありません。
そのため今ホテル業界においてさらなる改善点が見つけられるところがあれば見つけていきましょう。
日本人に対してだけでなくいろんな国からのお客様に対してのサービスを徹底的に行い、日本のホテルに好印象を持たせ、また来てもらえるように頑張っていきましょう。
おそらく求める条件ではこれは自分のホテルのコンセプトに対してできないという方もおられますが、それだけそのホテルに関しての強みがあるので別の方面でその条件をクリアしていくことも大切です。

ホテルに関してのデメリットは何か

今の日本人が経営しているホテルに関してのデメリット、どうしようもならない改善点はいくつかあると思われます。 それを考えて直すのはキリがないためデメリットに負けないような工夫を施せば少しは楽しく利用してくれるのではないのでしょうか。 まだまだ改善の余地はあると思います。

改善すべきところは何か

今ホテルの業界において改善すべきところはたくさんあるのかもしれませんが。これが日本の文化であり決して曲げることはできないというような問題も直面しているかもしれません。 そのホテルをそのままにすべきか改善すべきかと悩んでいるのはとても多いかもしれません。

TOPへ戻る