日本のホテル業界

今の日本のホテルのイメージ

あなたは今の日本のホテルに関して、外国人からしたらどんなイメージで捉えれられているか考えたことはありませんか。
もし一度も日本に来たことがない外国人でしたら、日本人が設計したホテルとはどのようなものなのか少なからずは期待をしてしまう人も多いかもしれません。
しかし期待と現実が違いすぎて、外国人がショックを受けてしまうことも多くはないかもしれません。
その理由は日本の国の特徴が部屋に現れているからだと思います。
島国である日本は他の大国と比べて土地がそんなに十分ではないため部屋の狭さに関しての問題は必須かもしれません。
それが外国人にとってはあまりの狭さに窮屈だとお思いになるのも当然でしょう。
これがショックを受ける理由の一つです。

日本語だけしか対応できないところもある

日本でのホテルは全て話す言葉では日本語が妥当なのでしょうが、今世界で多く使われているのは中国語、英語などメジャーな言語ばかりです。
そのような文化であるため日本では英語、中国語に慣れていない人たちが多く、なかなかお客様の対応を任せられる人はいないかもしれません。
ホテルではまだそのようなスキルを持っている方は重宝されているかもしれませんが、旅館になるとなかなか対応言語が限られてしまい、うまく会話できるかどうかわかりません。
このように言語に関しての不自由さが出てしまうためホテルが使用出来にくいという気持ちを作り出してしまうかもしれません。
ホテルには必ず通訳できるかた、いくつかの言語を話せれるスタッフを用意しないと対応客に困ると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る